ediTable(エディタブル)とは「edittable 」からくる言葉で「食卓と暮らしを編集する」という意味を込めています。

暮らしはすべての基本

食べること=生きることともいわれ、私たちの身体は食べたものでできています。

ちゃんと食べれば、心や体が整う。

しかし、仕事や学校などさまざまなモノ・コトに追われ日々をひた走る現代人は、分かってはいても食や生活を整えることは難しいと感じています(私自身も少し前までは、忙しさをいいわけに食や生活を疎かにするような生活を送っていました……)。

そんな忙しく過ぎ去る日々の合間でふと立ち止まり、自分のものさしで“心地よい生活”の落としどころを探っていければと思い、何気ない瞬間に生まれる気づきを写真や文で共有していければと思います。

 

主に

  • 暮らし
  • 子育て
  • 女性の働き方

などのテーマで少しずつ綴っていきます。


Author profile

 

寺田 紗央里  SAORI TERADA
フードスタイリスト Foodstylist

千葉県生まれ。幼少期から表現への興味関心が強く、音楽にどっぷり浸かった学生時代を過ごす。
音楽誌をはじめさまざまな雑誌を愛読していたことからマスコミ業界を志し、同志社大学社会学部メディア学科に進学し広告論、ブランディングを専攻。
卒業後は都内の制作会社、広告代理店に在籍し、自治体・企業広報誌などの編集物を通して企業・地域ブランディングに携わる。
2019年よりフリーランスでの活動を開始すると同時に、個人およびブログサイトとして本サイト「ediTable(エディタブル)」を立ち上げる。

食と私

海や田畑といった自然に囲まれて育ち、根っからの食いしん坊。

(実家の目の前の風景)

大学生〜社会人になると人を招き食卓を囲む機会が多く、休日のほとんどを料理教室や料理本、器、生活道具の収集に費やす。

次第に仕事としてもより生活に近い分野への関心を深め、広告代理店勤務時代にフードコーディネーター養成校へ。
現在は広告・各種媒体で食や暮らしまわりのスタイリングを中心に、コンテンツ制作(執筆、撮影)に携わっている。

万年音楽フリーク、ここ数年は発酵食に傾倒。
好きな言葉は「足るを知る」「いい塩梅(祖母の口癖)」。
雑誌生まれネット育ちな、働くことも暮らすことも楽しみたいミレニアル世代。

さいごに

離れ小島のような辺鄙な場所にあるブログ・サイトまでたどり着いてくださり、ありがとうございます。

ブログの感想でもお仕事のご相談なども、ご連絡はどうぞお気軽にお寄せください。
お問い合わせはこちらからお願いします。