taoya.(タオヤ)では cocept
拵える(こしらえる)
「こしらえる」という言葉には“ある素材を組み合わせ、手を尽くして必要なものを整える”という意味があり、「作る」よりももう少し手が加わっているような言葉。料理や世界観をこしらえる
伝える(つたえる)
料理だけでなく、文章や写真といった媒介物を通して思いを届ける

 

を軸に活動しています。

 


お手伝いできること

フードスタイリング、フードディレクション

をテーマに、デザインの力を使って“カタチ”を与えます。

これまでWeb制作会社や広告代理店に勤務しこれまでHP・パンフレット・地域情報誌・企業広報誌の制作などのクリエイティブ制作の現場に携わってきました。その経験を活かし、それぞれの媒体の特性を踏まえ、料理や商品のストーリーを深く見つめ生活者視点に立ったご提案を心がけています。

<活動領域>

  • 撮影用フードスタイリング

  • 地域食材を活かしたメニュー・商品のスタイリング

  • コミュニケーションを活性化するケータリング(弁当出店含む)

  • フードに関するイベントプログラム・ワークショップの開発 

など、スタイリングを中心にフードに関する企画・制作、ディレクションを行っています。

 

<主なニーズ>

  • ブランドイメージにそって料理・商品をスタイリングしてほしい

  • イベントテーマを食で表現したケータリングをしてほしい

  • 地域の特性を活かしたプログラム・ワークショップを企画してほしい など

 

スタイリングのみ/スタイリング&料理製作など、ご要望に応じて柔軟に対応いたします。

詳細はcontactより、お気軽にお問い合わせください。