先日、通っていたフードコーディネータースクールの同窓会に参加しました。

さまざまな食の分野で活躍する卒業生が一堂に会する場で、よくメディアなどでご活躍を拝見している料理家さんはもちろん、スタイリストや器のプロの方など、その活動はさまざまで、お話を伺えば伺うほど、食の分野には本当にいろんな職業があるんだなと改めて実感。

主に商業施設への器提案のプロという方のプレゼンも聞いたんだけど心に残るプレゼンで、心震える瞬間でした。ワクワクしたし、素敵な女性だったなぁ。

そして、本日の陽子先生のお言葉、「経験は金」。

ついついいろいろ理由つけて二の足踏みがちだけど、経験に勝るものはないなあと、

最近、再開した仕事についても、同じように感じていたところでした。

 

ところで、

「母ちゃんが笑えば家のなかが明るくなる」

これ、私の信条です(突然、笑)。

 

結婚して子どもを産み育ててる真っ最中のわが家と、自分が生まれ育った実家での経験値でしかないけど、母ちゃんが太陽みたいに笑ってれば子どももうれしくて、夫も居心地がよくて、家全体にいい空気が循環して、幸福感が増す。

そんな暮らしのなかで、毎日毎日、休むことなく3回も登場して、ほぼ中心をなすであろう食、料理。

うちは夫も料理する(主にパスタ担当)けど、おおむね、日常の料理を担当するのは私だからハレの日のごはんも楽しみたいけど、ケの日の料理を、少しでもおいしく、楽にしたいと常々思っています。

この楽に、っていうのは単に手を抜くというよりも、素材に合った必要最低限の処理とか仕込みで、あわよくば楽しく…みたいな。

そういう料理を提案していきたいと思うから。

だから、仕事をしつつ乳幼児2人を育てる自分がまずは実践してみないと〜。

 

というわけで、地元の八百屋で見つけた、からし菜をたくさん使って、じゃこふりかけを作りました。

 

 

 

 

あー時間ないっ!て朝でも、味噌汁だけ用意して、白ごはんにふりかけるだけで“まごわやさしい”のうち、野菜と魚とごまもとれるから、なんて優秀常備菜…!

 

たかがふりかけだけど、心の戦友みたいな気持ちになる。笑

 

「明日の朝は、あれがあるから安心。」

 

そういうふうに、食卓をもっとおいしく、もっと手軽に。

ふと気づいたら、わが家の定番になってる。

 

やっぱり、私はこういう料理が好きだなあと。

 

忙しいと野菜や下ごしらえも雑になるけど、笑

一つずつ、積み重ねていこう。

 

さまざまな食を提案する人たちに触れ刺激を受け、あらためてそう感じたのでした。